京北商会ブログ

京都市内で唯一残った本格製材所です。オリジナル天板も作ってます。

*

エネルギーマネジメントシステム導入セミナー発表会講師

   

エネルギーマネージメントシステム導入セミナー
こんにちは。京北商会 山口です。

つい先日、(一社)京都産業エコ・エネルギー推進機構さん
から依頼があり、京都商工会議所洛央支部さん
の方に出向き、講師としてお話させて頂いてきました。
何の講師かと言いますと、前に補助事業として活用させて頂いた、「京フェムス推進事業」のセミナーの講師です。

「京フェムス推進事業」の以前の記事はコチラ→http://kyoto-enishi.com/blog/134

平たく言うと、実際に活用した企業の導入事例の発表会です。

エネルギーマネジメントシステム導入セミナー発表会

もう終わっているのですが、そのチラシがこちらです。
エネルギーマネージメントシステム導入セミナー
(事前に告知であげた方が推進機構さんや商工会議所さんには良かったとは思うのですが、如何せん恥ずかしく事後報告にしました~(笑)

チラシを見て今さらながら思うのですが、何故、大手2社を差し置いて、弱小企業の京北商会がトップバッターなのでしょうか?(笑)
軽い嫌がらせですかね?(笑)

そして、そのチラシの上部にFEMS・BEMSと見慣れない文字がありますが、京北商会はFEMSの方を導入したんです。
以前書いた記事にその辺りの説明を書いて無かったので、ちょっとだけ説明です。

FEMS・・・Factory Energy Management System(工場用エネルギー管理システム)
BEMS・・・Building Energy Management System(ビル用エネルギー管理システム)

略さないで書くとこうなります。
役割や目的、構成は対して変わらないのですが、規模がFEMSの方が大きいです。
要するにFEMSは工場内の電気のデマンドや使用量を管理するシステム。
BEMSはビル内の電気のデマンドや使用量の管理システムと言う訳です。

発表当日

FEMS導入の際、お世話になった協和テクノロジィズさんの白崎部長さまと共に
部屋の一番前に向かいます。

話す時間は15分です。
エネルギーマネージメントシステム導入セミナー

エネルギーマネージメントシステム導入セミナー

一番手なので必然的に皆さん自分の会社に役に立つ情報を持って帰ろうと食い入るような眼差しを感じます。
なおのとこ、一番手である軽い嫌がらせを感じながら17分間喋ってました(笑)
冗談はさて置き、携帯で時間を計りながら喋っていたのですが、終わってみれば、あっという間の17分間でした。

ご清聴有難うございました。

ここで、発表の内容を少し。

省エネを意識しながら工場を動かした結果、電気の使用量が11.9%削減できたようです。
FEMSセミナー発表資料

フェムスの京都大学さんのソフトは優秀で個別の設備の電気使用量が10秒単位で見ることができます。
FEMSセミナー発表資料
こんな感じです。

感想とまとめ

色々と書いてきましたが、このような場で喋らせて頂く機会など、そうそう頂けるものではありませんし、僕を選出して頂いたエコ・エネルギー推進機構の方々、(中内さんが選んでくれたのかな?)発表の時まで助けて頂いた協和テクノロジィズの白崎部長さま大変お世話になり有難うございました。

みなさん、電気料金を下げることは企業としては勿論、重要なことです。
ですが、それを感じながら、いざ下げようとしたときに、やみくもや勘でやっていませんか?

FEMSはそれを「みえる化」する事業です。

「みえる化」することが第一歩であり、それが始まりであり、そこから省エネをデータに基づいて理論的に行うことができるのです。

将来的には、この京都大学さんが開発したソフトが発展し未然に故障を発見出来るようなシステムになること願い終わりにしたいと思います。

 - 京北商会 工場のお話