天板材料について 無垢材

ロシア赤松 京都北山杉 幅はぎ無垢天板カウンター

木製の天板やカウンターを探していると、始めのうちは木材の関連用語で疑問にぶつかることが多いかと思います。

中でも、木の初心者からよく聞かれる疑問の一つに「無垢材の無垢って何?」があります。

「無垢材」とは簡単に言うと、その言葉通り混じり気のない純粋な木のことで、継いだり貼り合わせたものでなく、丸太から切り出した一塊の木材のことを言います。

天板やカウンターをインターネットで探すときに見かける「一枚板の天板」などのフレーズが指すのが、この無垢材です。

無垢材とは逆に、何枚かの木材に加工を施して作ったものを集成材と言います。簡単に言うなら、ベニアや合板、コンパネと言った貼り物のことだと言えば解り易いでしょうか。

「京の天板屋 縁」のオリジナル天板や木のカウンターは集成材に属します。普通は無垢材が高く集成材が安いように思われがちですが、そうではありません。

京の天板屋縁 ハイブリッド天板

「京の天板屋 縁」のオリジナル天板や木のカウンターは集成材ですが、ベニヤ板や合板のような安価な集成材ではなく、職人が手塩にかけたオーダーメードの天板やカウンターだとご理解頂ければ有難いです。

余談になりますが、よく誤解を招くケースとして「木製家具=全部中まで木」と思われていますが、これは間違いです。木製と謳う家具でも「オール木」というわけではなく、最近の家具は「フラッシュ」や「フラッシュ構造」と呼ばれるものが多く見られます。

「フラッシュ構造」とは、角材ではしご状の骨組みを作り、それに裏表に薄板を貼付けて、サンドイッチ状の厚い板に仕上げる構造のことを言います。
その板を組み合わせて家具を作っているのが今の主流です。

無垢材も集成材も一長一短あり、その特徴を理解して購入することが大事です。こだわりを持って木の種類を選ぶこと、これがオーナーや個人の個性を表現することにつながるのではないでしょうか?

京都外国語大学 中川准教授 机