オリジナル幅はぎ天板 ロシア赤松

ロシア赤松 天板
写真:耳無しハイブリッド天板 ロシア赤松 H 1900 × W 750 × D 40

ロシア赤松を使った大国の威厳漂う天板です。

ロシア赤松の丸太を取り扱っている製材所は国内でも希少となっております。他店や他サイトにてロシア赤松の天板が販売されていますが、職人の目で丁寧に作られている日本製の天板は「京の天板屋 縁」だけです。よって、店舗やリビングに配置するだけで、個性豊かな空間が広がることでしょう。

ロシア赤松天板の種類

天板は

①両長手側側面耳加工天板(両耳付き)
②片側長手側側面片耳加工天板(片耳付き)
③耳加工無し天板(耳なし)の四角い天板

と、大きく分けて3種類あります。

① 両長手側側面耳 加工天板(両耳付き)の天板の使用例としては、ダイニングテーブル・床の間のテーブル・リビングテーブル・店舗のテーブルなどにお使いいただけます。

② 片側長手側側面片耳 加工天板(片耳付き)の天板は、店舗のカウンターやキッチンのカウンターなどに如何ですか?

③ 耳加工無し天板(耳なし)の四角い天板の使用例としては、上記のテーブルやカウンターはもちろん、棚板などに使用すると「グッと」オリジナル感を出すことができます。

ロシア赤松天板の詳細

約150mmに加工し、その後、天然乾燥を経て人工乾燥を施した板を接ぎ合わせあります。

それぞれ既製品サイズで4~5枚接ぎとなっております。

天板全体の幅のサイズは450~750mmとなっており、長さは900~3900mmとなります。厚みのバリエーションは35・40mmがあります。

ロシア赤松 天板
ロシア赤松 天板 拡大
写真:ハイブリッド天板 ロシア赤松 H1900×W750×D40(拡大写真)

拡大するとよく解るように自然の一枚板の天板では有り得ない節の付き方をしています。

(画像をよく見ると、節が真ん中で切れていたり、天板全体の色が赤みが掛かっているところや、白み勝ちなところが入り乱れています。

通常、ロシア赤松を縦割りにすると、真ん中のところが赤みが掛かり、両端の部分が白み勝ちとなります。)

※余談になりますが、ロシア赤松の赤松とは、真ん中の赤みの部分が日に焼けると赤くなるところから、赤松となったと聞いています。

ロシア赤松 天板
写真:ハイブリッド天板 ロシア赤松 H 1900 × W 750 × D 40(小口拡大写真)

拡大するとわかりますが、職人の手により綺麗に接いであります。

規格外の注文もお受けします。接ぎ合わせの枚数や板の幅も出来る限り対応させて頂きます。

幅の細い板~幅の広い板まで色々接いでみると違った顔が出てきます。

天板の塗装・仕上げについて

こちらの天板は無塗装・プレナー仕上げ・反り止め無しとなっております。

長さの長いものに関しましては、反り止めを付けられることをお勧めします。(別途費用が必要です。)

天板にはプレナー仕上げを施してありますので、そのままでもお使いになれますが、使用中の水の浸透や傷を防ぐ意味でも塗装(ワックス・ウレタン塗装・オイル塗装)をお勧めします。(塗装には別途費用が必要です。)

なお、塗装における浸透・傷防止は、あくまで「浸透しにくい」「傷が付きにくい」の意味であって、完全防水・完全に傷が防げるという意味ではありません。

納期に関しては受注発注となっておりますので、その都度お問合せをお願いします。