続 平成29年度 京フェムス推進事業補助金(設備整備事業)

京フェムス補助金
こんにちは。京北商会 山口です。

つい1週間ほど前までは、九州では夏日を記録し、半そでの方もおられるような気候でした。
それが一変、寒の戻りで朝の気温はマイナスを指していました。
花粉症の僕としては花粉が減って良いのやら、悪いのやら、体調管理が難しい今日この頃です。(
先週の時点で書いてました)

そんな中、僕が所属している、「京都木材青年経営者協議会」は京都の右京区の京北で「木のひろば」と題しまして木と触れ合うイベントを開催しました。

僕は午前中の少しの時間しか協力出来なかったのですが、「木材関係の仲間」に久しぶりに会い、楽しく会話させて貰い、気持ちもリフレッシュ、月曜日からの仕事の活力を頂きました。(書き出したのが3/11でした)
みなさん、お疲れさまでした。

工事開始

さて、前回の「平成29年度 京フェムス推進事業補助金(設備整備事業)」の続きのお話です。

まずは、古い変圧器とコンデンサーを出すところから始めます。

通常、キューピクルは工場外にあるか、外に出しやすい工場内のところに設置してあるのですが、京北商会は敷地が狭いので、こういった時に出しにくいのですが、一番奥に設置してあります。
ですので、このような時は大変です。

屋根を壊して上から吊って出し入れです。

京フェムス補助金
京フェムス補助金
出した後は、広く感じますね~
今までに積もりに積もった埃が・・・・大掃除です・・

大掃除をしながら、今度は電灯を通常球からLED交換です。
京フェムス補助金 LED照明

LEDは発売当初、光の広がりに欠けているため工場内で使用すには、かなりの高さの所に設置する必要がありました。
消費電力が少なく省エネに寄与しているのは解っていたのですが、その部分でネックとなり我が社では設置を見送っていました。

勿論、それ以外に高価であったことも一因ですが、その両方が昨今クリアされていたので、交換することにしました。

京北商会内には15個ほどの電灯が工場内を照らしている為、交換した効果は直ぐに数値に表れるはずです。

明るさ倍増!!消費電力半減!!です!!
LED証明 京フェムス補助金
電球の明るさをお伝えしたく撮ったのですが、分かりづらいですね(汗)

LEDが完成し、次はコンデンサーと変圧器の設置です。

変圧器は電灯用の小さなものと動力用の大きなもの2つを交換しました。

旧式の変圧器よりも格段に省エネ化が進んだ最新のものを採用し、27年度の見える化事業のときの2次側測定よりもより元に近い1次側の測定をすることを目的として交換です。
変圧器
変圧器

今年度も実施されます

京北商会は27年度の見える化から始まり、29年度の見える化の設備投資まで実施させて頂きました。
事業所の設備に掛かる電力の使い方の見直しは勿論の事、この事業をやって、製材に掛かる経費に関しての考え方・捉え方まで見直せました。
この補助事業、今年度も実施されます。

工場が京都府にあり、見える化に興味をお持ちの方でしたら、OKですので是非、実施してみては如何ですか?

補助金150万円(補助率100%)になり、4/23~6/18が応募期間です。

工場の見直しになりますよ!!

是非、みなさんTRYしてみてください!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする